Freearchers Club

アーチェリークラブの連絡用ブログです。

カテゴリ: クラブ情報

私自身、アーチェリーを始めるにあたり色々と調べた事があります。
ですので、今後始めようという方の目安となるように、
主観に基づく超ザックリとした一例を挙げてみます。

【 アーチェリー競技するのにナンボ掛かるの? 平成29年版 】

●まずは競技に出れる技量を得ましょう、グリーンバッチ取得
  アーチェリー教室 ( 例:浜寺アーチェリー教室 )
体験教室1回(道具使用代込)  2000円
 
アーチェリー教室1クール8回  5000円
上記用 装具レンタル代※1  4500円
※1、私物を持参の場合は要確認

  アーチェリー場使用料 例
浜寺公園アーチェリー練習場(平日)  1日  520円
浜寺公園アーチェリー練習場(土日祝) 1日  620円
浜寺公園駐車場代 1時間 420円~24時間 1030円

●競技をする道具を揃えましょう 
  道具代 ※入門用中古~高級新品までピンキリです。必要な物をリストUPするので、ご自身で探してみて下さい
    弓具 : ハンドル、リム、サイト、レスト、プランジャー、ストリング、矢、ストリンガー
    装具 : タブ、ボウスリング、チェストガード、アームガード、クィーバー
 
●選手登録をするクラブに入りましょう
  クラブ関連費用( Freearchers Club の場合 )
クラブ会費(年間)          0円
※H29実績値 連盟へのクラブ登録費(年間)  ( 2万÷メンバー数 )円
クラブユニフォーム(1枚)     6000円前後

●選手登録をしましょう
  選手登録費用( 全日本アーチェリー連盟 + 大阪府アーチェリー連盟 )
   ※初年1年度のみ大阪府アーチェリー連盟のみの登録可。一部大会は選手登録不要
一般  4500 + 2200 = 6700円
19歳未満  1300 + 200 = 1500円
中学生以下  800 + 200 = 1000円

●競技会に出てみましょう
  アーチェリー大会参加費( ※大会や出場区分により異なる )
安い  1000円前後
よくある  2500円前後
選手権大会等  5000円以上

アーチェリー競技は射撃競技と並び殺傷能力を有する武器を用いたスポーツですので、
当クラブとしては万一の事故の際に賠償できる状況で活動して頂く事をメンバーに望みます。

そこで少し調べてみると、自動車保険にはオプションで付けれる事が多いようです。
その他を含め色々な保険の一部をピックアップしましたので、参考にしてもらえると幸いです。
ただ、間違いや保険内容の改変等について当方は一切責任を持ちませんので、
加入を検討する保険会社にご自身で保険内容をご確認下さい。


スポーツ保険系

【スポーツ安全保険】(スポーツ安全協会)
 保険掛金 : 1200円(65歳以上)~1850円(64歳未満)/年
 賠償限度 : 対人・対物1事故合算5億円、対人1人1億円
 保険金額(~64歳) : 死亡2000万円、入院4000円/日、通院1500円/日、他
 保険金額(65歳~) : 死亡  600万円、入院1800円/日、通院1000円/日、他
 適用要件 : 団体での活動中および往復中
 特記事項 : 加入要件が4名以上の団体
 ※2017年度4月現在でメンバー3名のため、上記は加入できません。 
  また、活動の殆どが個人行動の当クラブではあまり意味がありません。



 【ミズノスポーツ保険 スポーツサポートコース S1】(ミズノ)
 保険掛金 : 770円/月  年換算 9240円
 賠償限度 : 1億円
 保険金額 : 傷害死亡・後遺障害100万円、入院3000円/日、通院2000円/日、他
 適用要件 : スポーツ中
 特記事項 : 


 【ケガの保険 日常の事故】(au損保)
 保険掛金 : 390円/月 もしくは 4300円/年
 賠償限度 : 1億円
 保険金額 : 死亡・後遺障害100万円、入院2000円/日、手術1万円、他
 適用要件 : 日常生活・スポーツ・レジャー中
 特記事項 : 


オプション・特約系 ※アーチェリーが適用されるかは保険会社へご確認下さい

 【日常生活賠償特約】(三井住友海上) ※自動車保険のオプション
 保険掛金 : 180円前後/月 年換算 2160円前後 ※当ブログ管理人の場合 
 賠償限度 : 無制限
 適用要件 : 国内での日常生活上の事故 (アーチェリー適用は問合せ確認済み)
 特記事項 : 自動車保険への加入が必要


【個人賠償責任補償特約】(東京海上日動) ※自動車保険のオプション
 保険掛金 : 契約者による
 賠償限度 : 国内無制限、国外1億円
 適用要件 : 日常生活に起因する偶然な事故 
         ※適用除外の記載は航空機・船舶・銃器関連
 特記事項 : 自動車保険への加入が必要


【日常生活賠償プラン】(JCB) ※クレジットカードのオプション
 保険掛金 : 150円/月  年換算 1800円
 賠償限度 : 1億円
 適用要件 : 日常生活における損害賠償責任 
 特記事項 : JCBカードへの加入が必要、20~69歳まで 


 
【個人賠償責任事故補償プラン】(楽天カード) ※クレジットカードのオプション
 保険掛金 : 220円/月  年換算 2640円
 賠償限度 : 1億円
 適用要件 : 日常生活での法律上の損害賠償
 特記事項 : 楽天カードへの加入が必要

本クラブの名称を「 Freearchers Club 」に変更致します。
「 浜寺クラブ 」という名称は他クラブとの類似を指摘されたので、
クラブ名を変更しました。

クラブ名 : Freearchers Club (フリーアーチャーズクラブ)
略称 : Free

由来は、「 無所属アーチャーの集まり 」というのを表現したいと思い、
「 フリーランス アーチャーズ クラブ 」だと槍か弓か曖昧なので
「 フリーランサー 」の語源たる槍兵を弓兵に置き換えた造語を用いました。

<没ネタ集>
 無所属クラブ ・ 和泉クラブ ・ 泉州クラブ ・ 初弓クラブ ・ 浜寺アーチェリー教室OB会
 ・ 大阪府アーチェリークラブ ・ 野良アーチャーズクラブ ・ 浜寺公園アーチェリー練習場クラブ
 Archery beginners club ・ Freelance Archers Club ・ Freelancers Archery Club


後日、当ブログのタイトルやロゴ・URL等を変更する予定です。
よろしくお願い致します。 

フリーアーチャーズクラブ ロゴ5miniのコピー

※ロゴは上記に変更しました。

by管理人 

色々と悩みましたが、シンプルなデザインの方が万人受けするなと思い、
トコトン簡略化して記号みたいにしてみました。
浜寺クラブ ロゴ mini
自分にしては奇跡的な位の良いデキだと思います。

※2017.2.12 縁線追加

今までは仮称で「浜寺アーチェリー教室OB会」としていましたが、
しっくりくるクラブ名を思いついたので、そちらで固定する事にします。
クラブ名は

 「 浜寺クラブ 」

です。 
他のクラブ名でも「 ○○アーチェリークラブ 」よりも「 ○○クラブ 」の方が見掛けますし、
大会会場で記録用紙に 記載するのが楽チンで良いと思いました。

あと、規約については明文化せずに簡単な「 約束事 」だけにする方向です。

このページのトップヘ